ブランド買取で使える身分証明書の種類

ブランド買取の取引をする際は、必ず身分証明書の提示が必要になります。手続きの際に本人確認ができる書類となりますので、使える書類の範囲ははっきりしています。ブランド買取を利用する前に、取引に利用できる書類の種類を確認して準備を済ませておきましょう。まず、運転免許証はブランド買取で利用できる書類の1つになります。

店舗買取の際は、自動車に商品を積んで移動した後に携帯している運転免許証を提示すれば良いので、使い勝手が良い書類です。宅配買取を利用する際も、コピーを取って商品と一緒に梱包キットの中に同梱できます。健康保険証やパスポートも、ブランド買取で利用可能な書類です。運転免許証と違って常に携帯する類のものではありませんが、車を利用しないという方でも使える身分証明書になります。

運転免許証と同様にコピーを利用可能で、宅配買取を利用する際にも対応可能です。これら以外にも、住民票を身分証明書として使う事も可能です。ただし、コピーは使えないので注意しましょう。発行から数か月以内という条件がありますので、事前にお店の利用条件をチェックしましょう。

3か月以内、6か月以内と定められた記述より前の住民票なら、身分証明書として受け付けてもらえます。ブランド買取の利用申し込みの際に、本人確認書類と異なる内容を入力する場合は本人確認等の作業が必要になります。引越し等をしたばかり等で現住所と身分証明書の住所が違う場合は、本人確認手続きの為に多少の作業と日数がかかる事がある点に注意しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です