顔だけではなく、全身に出てきてしまう迷惑な存在のシミですが、病的なものではなくても審美的に気になるので消したいという人が少なくありません。確かに、加齢や皮膚炎の治療痕や、色素沈着などシミは増える一方ですし、シミそのものがストレスの原因にもなりえます。シミはタイプ別に適切な治療を施さないと治療効果がないどころかかえって悪化することがあります。クリニックで消す場合は医師にの質問には正直に答えるようにして、正しく診断してもらいましょう。

治療法にはレーザーやフォトフェイシャル、内服薬や塗り薬などの方法が用意されています。レーザーが効果的なのは老人性色素斑です。メラニン色素だけを分解するように設計されているマシンを使用するので皮膚へのダメージを気にしなくて済みますし、レーザーにつきものの痛みも最小限に抑えられています。しばらく皮膚に赤みが残りますが、赤みが引けばきれいな状態の肌を手に入れることが出来ます。

時々薄い老人性色素斑が再出現しますが、そこに再びレーザーを照射すれば完全に消すことが出来ます。レーザーが嫌な場合はメラニン色素を体外へ出す効果のある塗り薬を使います。体内の状態を作り替えることでシミを薄くする内服薬にはトランサミンなどが使用されます。これは30代から40代の女性に患者さんが多い肝斑の治療に効果的です。

他にもレーザーよりもソフトなフォトフェイシャルを使う場合もあります。これはそばかすに効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です