デルヴォーの特徴と歴史

デルヴォーは1830年にベルギーで創業されたベルギー発生のバッグブランドです。女性用のハンドバッグを最初に制作したブランドで、ベルギー王室の女性が愛用しているので有名になります。デルヴォーは職人が細かいパーツから縫製し、一つのバッグを担当するのが特徴です。良質の皮革を使用し、飽きがこないデザインが人気の理由になります。

デルヴォーの創業者がハンドバッグを制作した理由に、当時増えていた鉄道や客船での旅行中に自分の貴重品を置きたい女性の希望があったからです。デルヴォーは本国のベルギー以外に、日本でも人気があります。ハンドバッグがメインですが、財布やショルダーバッグを購入する事が可能です。デパートを中心に取り扱いをしているので、実物を見る機会があるブランドの一つになります。

派手なデザインや色味が少ないですが、定番の形や色はリピーターがついているのが特徴です。流行に左右されないデルヴォー独自のデザインと職人の技術が評価されています。製品には小さな鏡と制作した職人の名刺が同封してあり、このブランドの技術の高さがわかるアイテムです。上品なデザインは世界各国の王室や皇室で支持されています。

公的な場所でおちついた印象があるのが特徴です。長い歴史と皮革製品にこだわった製品が多く、長年使用している方が多いのが特徴になります。洋装以外に和装と合わせる方がいるのがこのブランドの特徴絵あり品質の高さがわかります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です