名古屋で人気の医療脱毛
2020年10月18日

医療脱毛とエステの脱毛はどう違うのか

医療脱毛は医師の管理下のもと医療機関でのみ行うことができる医療行為です。一般的なエステの脱毛器と比べてレーザーの出力(パワー)が高いのが特徴です。そのため、産毛などの軟毛にも効果を発揮します。肌を傷つけることなく毛根部分にある黒い色素(メラニン)のみに反応して熱破壊し脱毛するのが医療脱毛と呼ばれるものです。

そのレーザー光線を照射すると周囲の皮膚に反応することはないので、火傷や色素沈着の心配もなく、ほぼ永久脱毛が可能です。また毛の成長を阻害することで発毛を抑えることができます。医療脱毛はエステの脱毛と比べると脱毛器のパワーが高いため通う回数が少なくてすみます。個人差はありますが医療脱毛は6回施術を受けるとほとんどの人がその効果に満足すると言えるでしょう。

毛の濃い部分だと回数が必要となりますが、男性のひげでも12回受けるとひげ剃りの回数は確実に減ります。また脱毛器には毛穴を引き締めたり肌を白くする効果があるので脱毛しながら美肌を手に入れることができます。パワーが強いのなら痛みも強いのではないか?と思われがちですが、医療脱毛器は特殊な皮膚冷却システムがあり皮膚の深部まで冷やすことができるので痛みは少なく、痛みが強い場合はパワーの調整ができます。さらに病院によっては麻酔を施しているので痛みを感じることはほぼありません。

ただし女性の場合は生理前後はホルモンバランスが崩れているため痛みを感じやすくなる場合があります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *