名古屋で人気の医療脱毛
2020年9月9日

永久脱毛の定義と意味

夏になると、毎日カミソリでムダ毛の処理をしなければいけないと焦ってしまう女性が多くいます。冬でも、半袖の制服を採用している職場では、ムダ毛の処理を怠ることはできません。永久脱毛の広告を見かけると、施術を受ければ一生ムダ毛が生えてこないという印象を受けます。永久という言葉がつくので、効果は死ぬまで永久的に続きそうな感じがします。

しかし、永久脱毛の定義は、一生ムダ毛が生えないという意味ではありません。永久脱毛とは、施術が完了してから1カ月以内の毛の再生率が20%以下であることを言います。ですから、施術が終わってから、何本か毛が生えてきてしまっても、毛が少なくなっていれば、脱毛の効果はあるということなのです。そもそも、毛は体温を調節したり、外傷から身を守るために生えています。

人間が衣服を着るようになり、身を守るという意味は薄れてきていますが、毛をまったくない状態にするというのは、生物学的に難しいことです。それでも、脱毛の施術が意味がないということではありません。繰り返し施術を受けていけば、毛の量は確実に減りますし、細く薄い毛になっていきます。レーザー脱毛やフラッシュ脱毛など、現在主流で行われている脱毛は、歴史が浅いために、一生涯効果があるという確実なデーターがない状態です。

施術を受けた人の追跡調査をきちんと実施することで、今後一生ムダ毛が生えてこない永久脱毛が誕生するようになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *