育毛剤と発毛剤の違い

最近、抜け毛が気になりだした人で育毛剤の使用を考える人に是非知っておいていただきたいことがあります。

育毛という概念が発毛という概念と大きく違うということです。発毛は、髪が生えることを言い、これは結果論となります。育毛は髪を育てるという発毛までの過程としてある、言わば努力となるでしょう。髪を育てる努力をしても必ず生えるとは限りません。というのも、AGA治療などで用いられる発毛剤を使用する場合、強制的に髪が生える環境をつくるため、髪が生えてきるでしょう。

医師による診断が出ると、そのタイプにあった薬剤と治療が進み、効果を見ながら治療のコントロールが行われます。この治療により高い確率で改善が見られます。ただ、AGA治療は元々、前立腺の疾患を抱える患者に行った治療の副作用として発毛が確認されたことが開発経緯であるため、この治療にもまた副作用が存在します。副作用の主なものは、性欲減退や心臓への負担であり、ほてりや発毛剤塗布時の赤みや炎症などがあります。

この治療は副作用が出た場合、副作用のコントロールにより効果のみを高める治療が続くでしょう。一方、育毛とは髪を育てるための様々な努力であり、髪の成長の過程で、育毛剤塗布やマッサージ、食生活、睡眠、サプリメント摂取など多くの方法があるでしょう。しかし、医療とは異なるのが発毛する根拠が乏しいということです。絶対に生えないというわけではなく、生やす努力であると言えます。

チャップアップについてならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *