育毛を成功させるには体温を下げない。

薄毛の症状に悩んでおり、育毛を考えている方々にはある特徴があります。

それは、自信の心身の健康に気を使わずに健康を軽く考えているということです。直接的に薄毛や育毛に関係無いと考えられがちな事案であるものの、間接的には見逃すことができない点と言えます。薄毛に悩んでいる方は体温が低い方が多いという共通点があります。育毛のためには体温の低下は好ましくないとされているものの、基礎体温が低いため身体を温めても36度前後までしか上がらないという方がとても多いのです。

中には35度台という方も珍しくなく、そういった状態では毛髪が健やかに成長することはありません。このように育毛を考えた場合日頃口にする飲み物の温度にも気をつけるべきです。現在は、気温が低い冬場などでも清涼飲料水に氷を入れて飲むといった習慣が一般的です。そのため、体温を下げてしまうきっかけというのは様々なところに存在しています。体温が下がってしまうと全身の血管が収縮してしまい、血行が悪化してしまいます。

当然、頭皮に無数に張り巡らされている毛細血管も収縮してしまうため毛根に必要な分だけの血液が届かなくなってしまうのです。血液の中に様々な栄養素が含まれているため、豊富な血液が届かないということは髪が栄養不足に陥るということです。こうしたことから、飲み物はできるだけ常温で口にし冷たいものを口にした後は温かいものを飲むといった工夫をすることが大切です。

チャップアップについてならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *